これでいいのだ

ダラダラと思いつく事を書いている。とりあえず手数を増やして経験を積まなければ何も始まらない。頭の中の言葉を文章として現実世界に出現させる作業を続けている。

これでいいのだ。

まずは書く(文章を打つ)という作業に慣れる。書く作業に対するハードルを取っ払う。息をする様に、ご飯を食べる様に、友人にラインを送るように気軽に、自分の文章を作れるようになる。

このブログはそれを吐き出す場、文章を打ちまくるサンドバッグ、ここで書きながら思考を整理するための場。このブログはそういう場所にする。

残そう

上達するために大事なのは、振り返れることだと思う。それぞれのワークをただ漠然とやって終わりにするだけじゃなく、一つ一つ記録として残して後で見返せるようにする。
データを検証できるという意味合いもあるけど、自分はこれだけのものを残せたんだという自信にもつながるはずだ。

だからなんだという話

文章力を磨きたい。うまくなるにはとにかく経験しかないから、前後の記事関係なくとにかくスキマ時間を使って思いついた事を文章にしている。しゃべるように文章を書く。

そうこうする中で思いついた事。気づいた事。

まず、日本語でも単語が出てこない時がしばしばある。これがいいたいんだっていう事にうまく合致する単語が瞬時に出てこない。

そしてリズムが乱れる。単語を思い出そうとする間に別の事を考えたり、文章を読み返したりして、本来言いたかった事を忘れてしまうという場面が多々ある。

そこで決めたルール。とりあえず単語は気にしない。言いたい事をうまく含有した単語が出てこなくても、その時頭に浮かんだ単語を使ってしまう。

だからなんだという話になってしまったが、頭の中を文章に表す練習。これも残しておく。

文章と向き合う

ブログ等で文章力を磨いて、文章を残して、さあどうするのか。そのためには文章と向き合う目的を明確にしなくてはならない。

文章と向き合う目的一つ目。というか文章と向き合うことで得られるもの。自分の意見を育てる事ができる。磨くことができる。一人で。頭の中にあるだけの考えと文字に起こして現実に出現させた考えではズレがあることがよくある。というか、考えたつもりになっていただけで実はあんまり細部まで考えきれてなかったんだなと、文章に起こしてみて気付くことが多々ある。ということで、文章を書く目的の一つ目は自分の思考や意見を磨くため。

文章を書く目的の二つ目は自分の主張や意見を世間に発信するため。僕が到達したい所に辿り着くためには、たくさんの人の協力が必要である。そのためには僕の僕が何を考え、どこを見ていて、どんな想いを持っているのかたくさんの人たちに知ってもらう必要があると思った。
僕の考えている事を僕の近しい人は全然知らないのに、伝えきれていないのに、僕はキングコングの西野さんやホリエモンさんの考えている事を知っている。これは結構大きな事だと思った。協力するにしても共感するにしても応援するにしても、そいつが何を考えているのか知らなければアクションの起こしようがない。ということで、文章を書く目的の二つ目は自分の意見を世間に発信するため。他人に伝えるため。

文章と向き合う目的三つ目は、時間の短縮。自分の意見を文字として残しておけば、いくらでもコピーができる。話す時間が短縮できるし、相手も読みたいタイミングで読める。別々の地域に住んでいる100人に伝えたい事がある時に、伝える手段がしゃべりしかない時と、文章で伝える術を持っているのではかなりの時間短縮になる。そしてそれは強力な武器になる。

思考を伝えるワーク

それと同時に、というか、同時じゃなくてもいいけど、整理した文章を作る練習も別に開発できれば。とにかく書き出すワークで整理された自分の意見を人に伝えるための練習。思考を整理するためのワークと整理された思考を伝えるためのワークを分ける。

そして書いてて気づいた。
思考を磨くワーク。伝えるワークとの間にもう1つ、思考を整えるワークも挟んだらどうかなぁ。

文章力強化ツール

とにかく書き出すワークをやってみよう。友人と話す時の様に、思いついたことを書きながら整理する術を身につける。5分なり7分なり時間を設けてその間思いついた事をひたすら文字に起こしていく。間違いや言葉のアヤは気にしない。とにかく書く。話す様に書く。

思いついたこと

文章力強化システムを開発中。やればうまくなる、数をこなせば勝手に上達する、が基本信念なので、ベースはそれ。うまく文章を構成する能力を磨くことも必要だけれど、それ以上に文章を書く環境をふやし、とにかく文字を生み出す環境を増やす事が大事なんじゃないかと思った。